<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
■ブログ提供

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< チャット1と2のROM数表示を再開しました | TOPへ戻る | ちょっと旅に出てきます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
対人関係とは?
この『村。』は、「ひきこもり」の定義を広くとってます。数多くあるウェブサイトのひとつとして、メンタル系サイトのひとつとして、これでいいと思ってます。
しかし、「ひきこもり」の第一人者であろう斎藤環氏は、僕が大いに影響を受けている人物ですが、この方は「社会参加のない状態」というのをもっと厳密に区別しようとしています。
1.就労していない
2.就学していない
3.(家族以外の)対人関係がない
以上の、すべてを満たして「ひきこもり」であり、どれかひとつでも欠けるなら、「ひきこもり」ではない。としています。
さてさて、この『村。』で、ある程度、親密な人間関係が出来た人は、「3.」の条件から外れて、「ひきこもり」じゃなくなっちゃうのでしょうか?
別に斎藤環氏に反論したいワケでもなく尊敬してるのですが、『村。』の管理人として、ひとりの「ひきこもり」当事者として、実感として、単純に、ふと、疑問に思うのであります。
| ひきこもり関連 | 08:35 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:35 | - | - |
| | | | |
ムムム・・・激しく興味深いテーマですが・・・これは2ちゃんの掲示板などでスレッドとしてやった方が面白そうです。といっても実はブログの記事とコメント欄はそういう風に使う事ができるんですよね。
なのでこの記事のコメント欄はスレッドに対するレスとして使う事を提案したいです。

で、オレの意見としてはその「社会的」定義を厳密に採用するならそういう事になる、と思います。
しかしそもそも社会的に定義する事の前提はそれが「問題」であり、社会が積極的に「治療」「教育」などによって「是正」する必要がある存在、である事だと思います。
なのでそこで「ひきこもりでない」と定義からはずれる事の意味は「治療」「教育」が必ずしも必要でない、という事になるんじゃないでしょうか?
| santaro | 2005/03/15 10:52 PM |
2chは、さておき、なるほどです。社会は、今の僕を「問題」と認識して、「是正」の対象と見るのかどうか…?「ネットにおける対人関係の限界」というテーマもありそうですね。
| 関羽雲長 | 2005/03/17 7:52 AM |









http://hikky-mura.jugem.jp/trackback/70