<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
■ブログ提供

ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
試練を受けて苦しまれたからこそ
主ご自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、試練の中にある者たちを助けることができるのである。

ヘブル人への手紙第2章18節
今がどんなに辛くても、なんとか乗り越えることができたならば、いつかだれかの希望となり、人を助けることができるかもしれません。


| 聖書の言葉 | 22:08 | comments(4) | trackbacks(0) |
祈のとき、信じて求めるものは、みな与えられるであろう
聖書の言葉というカテゴリを作りました。
新約聖書を去年なるべく声にだして一度通して読んでみたら、以前は気づかなかった感動するところや、励まされるところ、気をつけないといけないなと思うところが多くあったので、それらを忘れないように、たまの日曜日には読み返してここにも何か書いてみようと思います。なお、僕は洗礼を受けたクリスチャンではなく無宗教で、解釈もでたらめなのでここに書いてることを鵜呑みにしないほうがいいと思うことを付け加えておきます。

というわけで、今日はマタイの福音書を読み返してみました。といっても、全部読み返したわけではなくて(全部読み返すと50ページぐらいありますからね)、去年通して読んだときに自分で大事だと思うところに付箋をはったところのみです。
その中から今日は2つの聖句をもとに文章を書いてみようと思います。
マタイ第18章19-20節

もしあなたがたのうちのふたりが、どんな願いごとについても地上で心を合わせるなら、天にいますわたしの父はそれをかなえて下さるであろう。ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである

マタイ第21章22節

祈のとき、信じて求めるものは、みな与えられるであろう

僕はひきこもり村。のサイトを1から作りはじめたころから、「祈り」の重要性に気づき(たしか三浦綾子さんの本で)毎日祈るようにしてきました。

無気力ですぐ落ち込み、ひきこもってる8年もの間ほとんど何も達成できなかった自分が、今回は継続的に取り組むことができ、無事にサイトを完成させることが出来たのは、「協力してくれた人たちのお陰」と「祈り」にあると思っています。

祈ることの何が一番良かったかというと、「いつかはできると信じる」ことができたということだと思います。僕はとても自分のことは信じられなくて。8年間もひきこもって時間はたっぷりとあったのに何一つものにできた技術がないという、どうしようない意志力へっぽこ者ですからね^^;(一人で不安や焦りや空虚や憂鬱でいっぱいいっぱいだったことを考えるとそれも仕方ないと今では思いますが)

とてもとても、自分の力で何か達成できるとは思えません。でも、神さまならできるだろうと(笑)それが良いことなら、信じて祈り続ければいつかは実現する。そう、思えたことが一番大きかったと思います。(そのほかにも「祈り」続けることで、人の喜びを自分の喜びに変えられるとか、いくつかの効用があるけどそれはまた今度まとめて書きたいと思います)

やったってどうせ「できない」と思っちゃうと、やる前からやる気なくしちゃって、無気力うつ空虚どん底に落ちいること多かったですからね・・・・・・。それでどれだけ時間を失ってきたことか。。今でもよくそうなりそうになりますけどね(笑)でも祈り続けていることで、まったく完璧にやる気を無くすことは今はもうそんなにはない感じです。ちょっと心配なのは祈ることをやめちゃわないかってことですけどね^^;

マタイ第18章19-20節によると、祈りというものはどうやら一人で祈るよりも三人で祈るほうが、よりかなうようです。確かに一人で祈っていると単なる棒読みになってるときがあるなあと思います。何も畏れもなく感動もなく、どうせ祈っても無駄だという気持ちが混じるなかでしぶしぶ祈るような。それではあまり意味がないですよね・・・・・・。けれども一人でこっそり祈ってると、いくら毎日祈ってもなかなか思うようにはいかない現実を前に、いつしかそういう気持ちになりがちなんですよね。。
というわけで、祈りというものはあまり人前で公開するものでもないんだけど、一緒に祈って欲しいので思い切って公開します。

主よ、すべてを創造なされた神さま
今日も家族のもの、親戚のもの、友達、ひきこもり村。のみんなが無事に生きていることに感謝いたします
罪深き僕が今日も生かされ祈ることをお許しください

どうかお願いします
ひきこもり村。が孤独を増す場所ではなく
単に孤独を埋める場所でもなく
孤独を共有することができる場所になりますように
できるならば、孤独さえも感じずに多くの味方がいることを実感し
一人の時間も大切にすることができますように

絶望している人にとって少しでも希望となるように
力を与え、またみんなから力をもらえる場所になりますように

もしひきこもり村。で何か商売をはじめることが御心にかなうのでしたら
はじめるための思想、仲間、技術、資金すべてをご用意ください
もし御心にかなわないのでしたら、次の道をお示しください
ひきこもり村。でお金を稼げるようになっても決して傲慢にならず
良いお金のつかい方ができますように

救い主、イエス・キリストのみなによって
祈りますアーメン(真実に)

共にこっそりと祈ってくれる人がいればうれしく思います。

しかし随分長文になってしまいました^^;
深夜目がさめちゃって1時半ごろから書いて、今、朝の4時30になるところだから、3時間ぐらい書いてますね。なんだかお腹が減ってきました。森のイスキアのおむすび食べたいなあ。

| 聖書の言葉 | 04:33 | comments(2) | trackbacks(0) |